酒の飲み方のページ

生活習慣病を知ろう





 
スポンサードリンク




昔から「は百薬の長」といわれ、
適度のの飲み方をしてる人は疲労感を和らげ、

精神や健康にもプラスになるばかりか、
社会生活を営む上でも大きな効用があります。

適量かつ、適正に<B>酒の飲み方</B>をしっている人は
お酒を全く飲まない人や大量に飲む人に比べて、
心臓病の死亡率が低いという医学的な裏づけデータもあります。

一方、量を誤ると、心にも体にも、
深刻な影響を与えることになります。

二日酔いや、<B>酒の飲み方</B>での失敗ばかりでなく、
時には生命にもかかわり、家庭生活や社会生活などを
破壊してしまう恐れもあります。

アルコール性の肝炎や肝硬変、
あるいはアルコール依存症にならない飲酒量の限度は
一般的には、1日2合までなら限度以内と考えていますが

医学的には血液検査値からはγーGTPという値を見て、
これが40以下なら今のところは
飲酒による肝臓障害はないといえます。

自覚的な目安としては、飲んだ翌朝の感覚が、
飲まないときと同じように朝の目覚めが爽やかならば、
前日の飲酒量は限度以内のよいお酒といえますし、

頭痛や食欲がないなどの影響が少しでも残っていたら、
限度を超えています。

アルコール処理能力は非常に個人差により、
一律に1日2合までなら問題がないとはいえません。

あくまでも個人の血液検査値と感覚によるものです。

ところで飲み過ぎたとき、軽い二日酔いなら1日、
重症の二日酔いなら
2日の休肝日(お酒を飲まない日)を設けてください。

急性アルコール性肝炎となった肝臓もお酒の負担がなければ
速やかに回復してくれるでしょう。

お酒は楽しく、美味しく、迷惑掛けず、
明日に影響のない飲み方をしよう。














       [ アルコールと心理的影響 ]

   寝つきをよくするために寝酒をしたり、
   やけ酒を飲んだりすることがありますが、

   定期的に大量飲酒を繰り返していると、
   逆に不眠の原因になったり、うつ、不安が強くなってきます。

   さらに大量飲酒を続けると、アルコール依存症へと進行し、
   飲まないと離脱症状が現れてきます。

       [ アルコールと社会問題 ]

    大量飲酒を繰り返すことにより、
    家庭内暴力、離婚、失業、経済的困難などになり、
    犯罪、事故などおこす危険性が高くなってきます。

スポンサードリンク





生活の習慣病〜TOP
Category〜生活 Category〜病気 Category〜旅行・趣味
  食生活   がん   温泉
  酒の飲み方   高血圧   日帰り旅行
  睡眠   脳卒中   ガーデニング
  禁煙するには・・・   糖尿病   
  ストレスの発散   肝臓病   サイクリング
  ウォーキング   高脂血症   登山
  健康診断   肥満   日曜大工
 プロフィール   リンク集


  相互リンク集、募集中! 

brick-house@tg.commufa.jp

お気軽にメール下さい。

Copyright (C) 2005 Seikatushukanbyou  All Rights Reserved