がん

がんのページ

生活習慣病を知ろう



がん


 
スポンサードリンク





米国人のがん死亡において食生活が寄与する割合、

 すなわち、

食生活の改善によってがんの死亡を予防できる割合を

 35%と推定し、

後に、米国ハーバード大学のがん予防センターが

 同様の推定を試み、成人期の食生活や肥満の改善により
 がん死亡の30%が予防可能であると発表しました。

 いずれも膨大な数の人間を対象とした研究を根拠としていますが、

 肺・大腸・乳房・前立腺などの部位のがんが主要な死因である

 米国での推定値であります。

 発生には食生活がかなり影響し、
がんの発生率についての

 「地域・民族による差異」 「時代的変化」 「移民における変化」

 などがあげることができます。

 すなわち、欧米では大腸・乳房・前立腺のがんが多く、

 アジアではこれらの部位のがんが少なく、
食道・胃・肝臓などのがんが多いこと、

日本においては近年、
乳房・前立腺・大腸のがんが増えてきている。

 そして、米国やブラジルに移住した日系人のがんが
移住先の国民の病気の パターンに類似してくるなど、

食生活や環境変化によってもたらされることもある。

今は世界的に環境汚染に対しての
いろいろな対策をしていますが、

世界のいたるところで環境汚染が止まず、
環境変化の影響も大きいです。

これからはエコの時代であることを
人間がよ〜く心に刻みこみ、

より良い環境つくりを進めていくかを
真剣にスピーディーに対応してかなければ、

発生を食い止めることが大変なことになります。














     

       <がんを防ぐため・・・・>

     ○バランスよく栄養を取る

     ○毎日、毎食変化のある食生活へ

     ○食べ過ぎ、脂肪はひかえめに

     ○お酒はほどほどに

     ○たばこは吸わないように

     ○食べ物から適量のビタミン・繊維質のものを多くとる

     ○塩辛いものはひかえめに

     ○あまり熱いものは少しさましてから

     ○焦げ目の部分はさける

     ○カビの生えたものは食べないよう

     ○日光に当たりすぎないよう

     ○適度の運動をする

     ○体は清潔にする

スポンサードリンク





生活の習慣病〜TOP
Category〜生活 Category〜病気 Category〜旅行・趣味
  食生活   がん   温泉
  酒の飲み方   高血圧   日帰り旅行
  睡眠   脳卒中   ガーデニング
  禁煙するには・・・   糖尿病   
  ストレスの発散   肝臓病   サイクリング
  ウォーキング   高脂血症   登山
  健康診断   肥満   日曜大工
 プロフィール   リンク集


  相互リンク集、募集中! 

brick-house@tg.commufa.jp

お気軽にメール下さい。

Copyright (C) 2005 Seikatushukanbyou  All Rights Reserved